読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吐瀉物

忘れないように

2016.12.28

11時過ぎ起床。昼飯を兼ねた朝食をとり、demoCDを焼く作業なりいくつか溜まっていた作業をこなす。

年内最後のライブ、下北沢LIVE HOLICにて。17時過ぎに入り時間で、4バンドとアクトは少なかった。

1ステージ目を担当。自らの手応えもあり、実際後で録音を聴いてもなかなか良かった。新曲の1:59という曲だが、だいぶ固まって来て良い感じである。

これもまたダブルミーニングである。僕はダブルミーニングの極み乙女。なのである。

対バンどうこうよりかは自分らについて見つめ直せる良い日になった。年明けは大会形式二本がある、買ってES335が欲しい。いまそれしかあたまにない。

2016.12.27

8:00起床。10時からスタジオリハ。3時間後間空けて14時からまた3時間。流石に集中力が続かない。

先日両国にピックを固定しておくホルダーを忘れてしまい、また買うハメになった。池袋イシバシ楽器にて954円の無駄な出費。

夕食後、愛の渦を鑑賞。池松壮亮は相変わらずのクズ役だった。唯一嫌いな面がひとつもない俳優である。

2016.12.26

11:00起床。朝昼兼ねて白米を食す

14:00からスタジオリハ 年内のリハ 活動ももうあと僅かである 常に新曲作りをしている 最初の頃とは自分のアプローチがいい意味でも悪い意味でも変わってきていることを感じる

バンドは変わらなければ意味がない ミニアルバムはまた 面白いモノを作る作業だ

アルバム内でも分かりやすい変化をつけられたらなと思う

リハ後田村氏とバイオハザードファイナルを観た 幼い頃からシリーズを観てきた映画の最終というのもあって、 とても納得いく かつ 伏線もしっかりと回収した素晴らしい終わり方であったと思う

2016年で出会った数々の映画の集大成に相応しかったと思う 思い返せばもう百円の恋を受験後に観た頃から2年が経とうとしている 時の流れが逆らいようのないもので本当によかった

2016.12.25

9:00起床。10時に家を出て母方の祖父母の家へ。

掃除の手伝いをしてお小遣いをもらう、しっかりと働いたし給料と呼ぼう 給料を頂く

無駄に広すぎる家に身体の悪い2人で住む祖父母 無駄に自分を離れの別の建物に住ませようとしてくる

2人で生活することにある一種の限界を感じているのだろう しかし埼玉 隠居するならアリか

2016.12.24

7:30起床。8:00からバイト。12時に終える。

帰宅後、廃棄を食して就寝

夕食前に再び起きると家族4人全員揃っているクリスマスイブだった

毎年変わらないコージーコーナーのチョコレートシフォンケーキを食べる こんなケーキのように甘いところをたくさん持てたらもっとモテてただろうなあと少し思う。

録画していたヨシヒコの最終回を見てもう眠る なんともつまらない三期だった。

2016.12.23

たいせつなモノを忘れないように、日々を書き連ねていこうと思う。日を欠かした時点で更新はやめる。でもすこしくらいは多めにみてほしい。

朝8:30起床 10時からリハ 急ぎ大塚へ向かう

祝日午前のスタジオは僕ら以外のバンドは生息していないようだ。クゲさん(大塚ペンタ店長)曰くコンスタントにリハをするバンドは今非常に少ないという。逆に言えばチャンスである ノルマよりもお金を費やしている

スタジオを終え両国SUNRISEへ この日は野坂くん主催のステレオドッグ企画 彼は3ステージと 尊敬しかない 11時前入り リハまで時間があるのでリストを書きながら花月を食べる 大盛と飯を食して少し食べ過ぎたと後悔 食ごとの量の差が酷いため余計に痩せるのだと思う。

照明の確認含めリハを行うが担当が適当である 本番も確認した箇所さえ行ってくれず。 全体的に演奏もしにくいクソな照明

出番はトリ 照明音響含めステージングは最悪。自然淘汰が始まって以来最悪な出来である、自分が客だったら確実に出てしまうレベル

21時頃から打ち上げ開始 1000円払い飲み放題にするも22時で閉めるという 完全詐欺である

これも含めもうSUNRISEは本当に嫌だ

飲み飽きず公園にて溜まる 両国の治安を悪くしている実感はなし ケイちゃん(コアクルーズ)と僕ら3人で終電近くまで飲む これが本当の外飲みである

メンバーがいることのありがたさを感じる 酔わないと言わないことをしれっとさらっと言う 数分置きの共感と抱擁 バンドマンは誰よりも心が弱い メンヘラ上等である

ケイちゃんの歌は大 好きである 人としても大 好きだ ミコトほどしょっ中人に好きと言わない俺の大 好きはホンモノだ

赤羽に着き駅のトイレで吐く 酒で吐いたのは始めてにして辛さはあるが 逆に爽快感とまではいかないが 身体の中にあった嫌なものも少し吐き出せた気がした

しっかりと帰路を歩み1時前帰宅 荷物を置いてまた嘔吐した